2020年08月23日

2020年8月23日

今日は、金曜のFXの稼ぎが良かったので、湯涌朝市に参加のために早めに出発しました。早朝は寒く、もう秋の温度です。いろは館は当然開いていなくて、湯涌朝市が開いているみどりの里へ向かいます。着いたら丁度準備中で、準備が終わるまで建物の裏側の休憩所で待機です。休憩所で横になって休もうとしたら、日差しがきつくて、暑くなってきたから、建物のベンチに移動。

中々準備が終わらないから、様子を見に行くと、なんと品ぞろえがあまりにも少なくて、買いたいものが無いレベル。仕方なく買い物はあきらめて、ベンチに戻ります。常連たちは商品が無いのをわかってるのか誰も来ず、誰も来ないから朝市の関係者たちも早々と撤収していきました。

いきなり朝市で朝飯を調達する予定が外れて、寝ることもできないから、退屈で一旦高尾山へ移動します。旧江戸村跡地を散策して、飽きたから玉泉湖に行こうと、玉泉湖に向かいます。その前に広場のぼんぼりを確認して、メッセージぼんぼりが増えていました。
IMG_20200823_074110_.jpg
応援のぼんぼりがじわじわと増えてきました。自分はさすがに今年は断念です。

玉泉湖まで歩いていくと、玉泉湖の水がありません。
IMG_20200823_075120_.jpg

夏で水が枯れたと思いきや、川からは水が流れています。それよりも氷室小屋がブルーシートで補修されています。何かあったのか?

IMG_20200823_075559_.jpg

ただ単に藁ぶき屋根の葺き替えでした。玉泉湖の水を抜いたのも作業のためで、トラブルが原因ではないです。実際に業者がやってきて作業の準備を始めていました。

広場に戻り、喜船商店に行くとお店が閉まっていて、みどりの里へ戻ります。ちょっと時間を潰して、喜船商店へ向かいます。丁度「湯の出」で女将さんが外に出てお客さんのお見送りをしていました。今日は灰色の着物でした。どの温泉旅館も客入りが良く、引き続き湯涌リカバリーは好調です。

喜船商店は開いていて、そこで朝飯の調達です。キャンバスアートはまだ未入荷です。

喜船商店を出て、いろは館に戻り撮影開始です。今日は電気が点いていません。メッセージボードが更新されていました。

IMG_20200823_090501_.jpg

前回の雑誌たちは片付いていなくて、あくまでも予想ですが、本棚がいっぱいでそこの置いた感じです。

IMG_20200816_101327_.jpg

インスタで「湯涌温泉いろは館」というのを見つけたけど、画像が二つだけだから?です。別に湯涌温泉観光協会が同じようにフォトギャラリーを始めたとしても、こちらは気にせず続けていきます。あくまでも個人的な画像保管庫で、貴重な資料は他人に任せておけないですから。

余談ですが、サクラクエストの池もモデルは玉泉湖だと思います。桜ヶ池はあまりにもでか過ぎて、ああいう池での行事はほぼ不可能だと思えます。間野山観光案内所の建物も湯涌の建物がモデルですから、玉泉湖が池のモデルでもおかしくないはずです。

サクラクエスト 1巻【電子書籍】[ Alexandre S. D. Celibidache ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
サクラクエスト 1巻【電子書籍】[ Alexandre S. D. Celibidache ] - 楽天Kobo電子書籍ストア



posted by 南 歳三 at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください