2019年07月13日

7月13日

今日は城端へ壁画を見に行きまして、前回知らなくて見落とした壁画を無事見ることができました。

IMG_20190713_112503.jpg

この後富山から湯涌へ向かう道程を実際に走ってみようと、刀利ダムまで向かいます。前回は冬季閉鎖で走れませんでしたが、さすがにもう夏で解除されていますから、安心して走れます。ただまだクラッチ破損で傾斜が大きい山道が登れないので、引き返すことになるかと思ったけど、無事完走できました。

いろは館への道程(富山方面から)

いろは館に辿り着き、今日撮影します。前回と変わらずで、ぼんぼり祭りの点灯式までしばらくこのままでしょう。次のぼんぼり祭りのポスターができたので、近いうちにポスターがいろは館以外に貼られるかもしれません。

サクラクエスト 全巻セット (1-5巻 全巻) - ひょうたん書店楽天市場店
サクラクエスト 全巻セット (1-5巻 全巻) - ひょうたん書店楽天市場店
posted by 南 歳三 at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

7月7日

今日も曇り空の中、湯涌温泉街へと向かいました。今回は久しぶりに高尾山へ登ろうと思いました。

いろは館に到着後、普通に開館していることを確認して温泉街へ向かいます。温泉街に到着後、駐車場にスクーターを止めて高尾山を登ります。いつもならスクーターで山登りですが、スクーターがクラッチ破損できつい勾配の斜面を登れないので、歩いて登ります。途中カミキリ虫を捕まえたけど、動きが早くて撮影できず、飛んで逃げていきました。カミキリ虫が木を傷つけて、そこから樹液が出てカブトムシやクワガタが集まってきます。

高尾山へはカブトムシやクワガタを捕まえようと考えていて、登ることにしていました。予め春の内に木を探しておきました。ただ登山道の道程が長く、歩き疲れて途中でトイレに行きたくなったので、山登りは断念して降りました。

降りていろは館に向かうためにまず喜船商店で食料を調達して、いろは館に向かいます。

いろは館に到着後撮影です。今回はメッセージボードが更新されていました。

IMG_20190707_093052.jpg

もうすぐぼんぼり祭りの点灯式が始まりますから、購入したぼんぼりが飾られるのが楽しみです。カブトムシとクワガタの方ですが、夜間に湯涌まで来て探すのを高尾山は無理なので、「創作の森」の方で探してみようかと思います。ただそちらも登りの傾斜がきついから、下で外灯に集まってきてるのを捕まえることだけになりそうです。
posted by 南 歳三 at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

6月30日

今日は氷室開きということで、またいろは館が閉まっていると思いながら、雨の中湯涌温泉街に向かいます。そしていろは館の前に到達すると、予想通り閉館でした。ただ12時ごろ開くということで、開くまで待つことにしました。

今日は予定通り喫茶店「湯のかわ」に入るつもりでしたので、湯のかわで時間を潰そうと思っていたけど、さらに時間潰しで氷室開きを見に行きました。すでにイベントが終わっていて、雨に濡れながら無料サービスのかき氷を食べました。
IMG_20190630_110245.jpg

これが氷室で保管されていた雪です。
IMG_20190630_105740.jpg

湯のかわが開店したので、さっそくぜんざいを食べに行きます。
IMG_20190630_120620.jpgIMG_20190630_114924.jpg
お店の中は喫茶店というよりもスナックだなと、スナックと書いてあるし。

ぜんざいを食い終わった後、いつもの喜船商店で氷室開きということで氷室饅頭を買います。喜船商店を出た後は、いろは館に向かいます。

いろは館に辿り着くと、駐車場は湯涌温泉観光協会の関係者の車でいっぱい。いつもと違う場所にスクーターを止めて撮影です。

いろは館は氷室開きと無縁だから、前と変わらずです。交流ノートに「北京から来ました」と日本語で書いてあって、日本に居てもここまで来るのに大変なのに北京って、どんだけ熱意があるのかと驚きです。遠くからだとイベントに参加しづらいから、遠方の人向けにせめてお土産でも持っていけるようにすべきだと思います。

ちなみに「花色グッズ」なら湯涌温泉街の喜船商店で売っていますから、ぜひともそちらでお買い求めください。☆大星霜セール☆ ねんどろいど 花咲くいろは 松前緒花 - 四季の宝箱
☆大星霜セール☆ ねんどろいど 花咲くいろは 松前緒花 - 四季の宝箱
posted by 南 歳三 at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする