2020年02月02日

2020年2月2日

今日も晴天の中、湯涌温泉街へ行ってきました。山間部は雪がある程度積もったけど、氷室小屋に入れられるほど積もったかわからず、氷室小屋の中も見れないから、そこらへんは何とも言えません。今回は久しぶりのいろは館とやっと「マグカップ」が買えると意気揚々と湯涌へ向かいます。

いろは館に到着後、何もイベントが無いことを確認して、温泉旅館の様子を見に行きます。あたらしやと湯の出の駐車場がガラガラで、温泉旅館の状態がやばいと思ったけど、今日は各温泉旅館のマイクロバスがいろいろ動いていて、帰りにあたらしやのマイクロバスを見かけて、来客で満員になっていたのを見てほっとしました。かなやも来客のプレートが5組と冬場は温泉旅館にとっていい稼ぎ場になっております。

足湯で温泉卵が作れると気づいたのはいいけど、時期が悪すぎて断念。今のお湯の温度は温水プールレベルだから、全然話になりません。

足湯にちょっと手だけ入れて、喜船商店に向かいます。店頭のポスターはマグカップが売り切れになっていなくて、店に普通においてありました。他のグッズも買いたいけど我慢して、マグカップと食料を買っていろは館に向かいます。

いろは館に到着後、撮影開始。前と変わらずの内装でした。内部の撮影を終えてマグカップの撮影です。
IMG_20200202_102119_.jpgIMG_20200202_102147_.jpgIMG_20200202_102154_.jpg
お値段は1650円とお手頃価格になっております。いろは館に飾りたいけど、忘れ物として処理されたら面倒なので、家に持ち帰って飾っておきます。後、買いたいものとしてキャンパスアートがあって、それはまだまだになりそうです。true tearsのグッズも欲しいから春には城端にまた行ってこようかと思います。

今週は雪でお休みかと思ったけど、無事いろは館に訪問できました。さすがに来週は雪で休みになるかも。

【中古】タペストリー 集合 B全タペストリー 「true tears×花咲くいろは×TARI TARI ジョイントフェスティバル」 - ネットショップ駿河屋 楽天市場店
【中古】タペストリー 集合 B全タペストリー 「true tears×花咲くいろは×TARI TARI ジョイントフェスティバル」 - ネットショップ駿河屋 楽天市場店

posted by 南 歳三 at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

2020年1月26日

今日も雪が無く快晴の中、湯涌温泉街へ向かいました。雪が無くても「氷室開き」のイベントは行われるわけで、いろは館が閉館されている可能性が大です。閉館されていないことを祈って湯涌へ向かいます。

いろは館に到着して、確認したらやっぱり閉館でした。
IMG_20200126_110415.jpg
氷室開きのイベント終了後の12時頃に開くということですが、それまで待っていられないのであきらめです。

氷室開きですが、参加してきました。氷室小屋に向かう途中、また「あたらしや」の女将さんが外まで出ていてお客たちのお帰りを見送っていたのを見ました。今日は各旅館のマイクロバスやワゴン車が動いていて、氷室開きは関係なく集客ができていて、安心です。福神橋の近くの足湯が復活していました。
IMG_20200126_105803.jpgIMG_20200126_105811.jpg
手を入れたら温泉じゃなくて温水プール並みにぬるくて、今はまだ足湯として機能していません。もっと暖かくなったら利用です。

氷室開きは、人だかりで地元のテレビ局や新聞記者やカメラマンが撮影や取材をしていました。雪が降らないから当然中には雪がありませんでした。
IMG_20200126_102522.jpg

広場で恒例の百萬石太鼓の演奏を聴いて、湯涌の売り上げ貢献のために売店で温泉卵を買いました。

今日はいろは館には入れなかったので、エネルギー不足で元気が無いです。来週も土曜日まで仕事だからそれまで体がもつかが心配です。
posted by 南 歳三 at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

2020年1月19日

今日は少し暖かかったので気持ちよく湯涌温泉街へ向かえました。ただあまりにも暖かいと雪が降らないから、湯涌の恒例行事の氷室開きができないのじゃないかと心配なところです。

いろは館に到着後、観光協会の玄関で氷室開きのポスターを確認。
IMG_20200119_112845_.jpg
開催日は1週間後の1月26日と期日までに雪が降りそうになくやばい感じです。自分的にはイベントに参加できそうです。雪が降らなければ湯涌には入れるので。

温泉旅館の状況を確認してみると、どこもガラガラで冬は温泉と、温泉旅館にとって稼ぎ時なのにこの状況はかなりやばいです。白鷺の湯は冬場は繁盛していまして、温泉旅館が全滅しても白鷺の湯は残るでしょう。湯涌は寂れた温泉街に戻って、廃業する温泉旅館が出てきそうな感じです。

いつもの喜船商店で、少ないながらも売り上げに貢献しようと、食料だけでなく温泉の素も買って、いろは館に向かいました。

いろは館に到着後撮影開始です。中は前と変わらず、このままずっとこんな感じになりそうです。

来週の氷室開きのイベントは雪が降らなくてもやると思いますが、できれば自分が参加できなくなっても良いから、雪が降って無事イベントが成功して欲しいところです。最後に山の方を撮影してみました。
IMG_20200119_114355_.jpg
posted by 南 歳三 at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする